愛なんて語るな

悟りなんて口にするな

宗教家の皆さんはそう言います。

 

妹尾はそこに挑む。

 

愛は語ってはならない

悟りは語ってはならない

ブッタでさえ躊躇したそれ

 

 

でも、時代は違う。

今、時代は大きく変わろうとしてる。

 

OSHOだったら、覚者だったら語っていいけど、

お前が語るなと言われたこともあります。

 

私は自分が凄い人だとか、乗り越えた人間だとか想ってない。

 

だけど、体験したことをシェアすることで救われる人がいるって分かってる。

 

だから、挑みます。

 

12/23 読売新聞の広告に無限の愛の広告が掲載されます。

 

そこからここに辿り着いた人々のためにも、セミナー開催します。

 

料金は15000円。

 

ちゃんとしたワークをやります。

 

ただし、

 

「無限の愛」の本を読み、

感想をSNSにあげてくれた人は無料にします!

 

 

以下詳細です。

 

日時:2020.3.8(日)11時〜13時

方法:Skypeかzoomにします。

※詳細はお申し込み後のメールにてお知らせします。

料金:15000円

※無限の愛についての感想をSNSかAmazonに投稿なさってくださった方は無料です。

※お申し込み時に、写真を送ってください。

 

 

 

新しい時代の愛について

 

新しい時代のあい

それは

手放すこと

ゼロでありつづけること

最初から

自分軸で

愛する人を手放す

「愛する」

のではなくて

「愛がある」

命には限りがある

愛する人を所有することはできない

その時愛は美しい

その時、愛はbeになる

その時、愛は所有を超える

その時、愛は献身(Bhakti)となる

その時、愛は恐れない

自分軸で

愛する人を手放すとき

愛するのではなく

愛はただ在る

愛に恐れはない

愛するのは自分軸

だから求めない

愛は動詞ではない。

ただ在る。

全て自分の感情が創造してる

愛ならば

その波動ならば

愛しか起こらない

愛であるとき

相手は私自神

相手の中にある神聖さに

頭を垂れるとき

外側にいる相手は

あなたに

頭を垂れるだろう

愛せる喜び

愛せることそのものへの感謝

それが令和のしあわせなパートナーシップ

無限の愛

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓