いやー、めっちゃ久しぶりすぎて、word press(このHPのアプリ)の仕様が変わりすぎて、書きにくっ。という状況の中でお伝えしております。お久しぶりです。妹尾留衣です。お久しぶりの人も、初めましての人も。いま、妹尾留衣としてのアイデンティティは作家な気分です。カウンセラーでもあるんですが、それはまた時期をみて、再開していこうかと。とりあえず、思いついたことがあるので、それは追々著書として仕上げていこうと思っております。

さあ、タイトルにありますように、つい先日、あのFacebook創始者のザッカーバーグが社名の変更を公表しましたね!Meta

Wikiさん(ネットの検索)によると、

  • 「あとに」という意味の古代ギリシャ語の接頭辞[1]
  • 転じて「超越した」、「高次の」という意味の接頭辞で[2]、ある学問や視点の外側にたって見る事を意味する[1]

って、ことらしい。

高次元の、ハイヤーセルフの視点での、中庸の意識での捉え方のことを

最近ではmeta意識とか使われることがありますね。

このmetaのマークがいけてます。最初円を描いていたものが、ねじれて、無限の形になっています。

meta無意識とか、潜在意識とか、ハイヤーセルフとか、ゼロ磁場みたいなのは、この無限のエナジーを持っています。

誰かこのデザインをしたか知りませんが、「わかってる人」なんでしょうね。

さてさて、

これからこういった仮想空間が生活の中に入り込んでくることは明白になりした。

新しい変化について、大抵の人は、ネガティブな見解を持ちます。

人間は恒常性があって、変わりたくない生き物ですから。(変化が大好きな人には、とっても嬉しいでしょうね!)

10億ドル以上稼ぐ人間の共通点というのがあって、ビリオネアは「現実をありのままには青くしながら自由奔放に想像力を広げることができる」そうです。こういう人にとって、こう言った時代の変容はお金にしか見えないでしょうね!笑

 

ムーンショット計画

https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/sub1.html

 

こんなのが発表されたの随分前ですよね。

 

着々と現実になりそうです。

 

こうなると、人はより、地域での現実的なコミュニティが必要となってくる

 

というのが私の結論です。

 

5年前だったか、10年前に

世界がどう変化していくかについて、内なる声を聞いた時に、

やはり、コミュニティが作られていくことになる。というのがあったんです。

 

その理由は私が社会の動きから考察したものですが、

 

例えば、現在の、資本主義中心に回されている食文化による、人々の体への汚染

ゆっくりと毒に浸されている私たちの体

陰謀論っていうよりも、貧困に困った人々が

添加物って早く、安く、多くの人にというのを叶えた魔法ですね。

しかし、それが結果として、2人に1人の癌を生み出すことになった。

地域コミュニティで野菜を作る、つまり、エコビレッジは

それらからの脱却にもなるし

 

選挙はあるようでない、

実は投票の機械は自●●と結びついていたという記事が消されたのは、2011年3月11日の後の自民党圧勝の後だったと思います。それから、選挙はあるようで、ないなと思いました。(しかし、それは投票にいく必要がないという意味ではなく、民意やSNSでの拡散は大いに意味を成します。意識が世界を作っていますが、それ以上に行動の力は偉大です)

報道規制によって、事実が歪められたりしている

そういった、プチ独裁国家である日本の中で、

社会に頼ってたら

やばいですよね。(やばいと気づいていない人が8割だが、その人は困難にぶち当たってはじめて目を覚ますだろうと思います。)

コントロールされちゃってるんだから、誰かの有利に動かされても文句言えないわけです。

 

本当に人々にとって、みんなが心身幸福になるためには、

自分たちの手と足を使って、

幸福だと思えるコミュニティを作るしかない。

 

それと、このMetaの流れって逆行しているようで、逆行じゃないと思ってます。

同じように

このMetaやムーンショットによって、人々は実際のコミュニティを必要とするようになると思います。

 

Facebookだけで友達がいて、オンラインだけで友達がいて、安心して満たされている人もいるかもしれませんが

とても脆弱なものですね。例えば、災害があったら?体調が悪くなったら?

現実はこの体で起きています。

例えば、学校が苦手な子供がオンラインで授業を受けられるとして、人格形成をしている時期の幼少期に触れ合うことや喧嘩することが激減したら?

 

多分、こう言った仮想空間が発展すると同時に自殺が増えると思います。(仮想空間がネガティブであるという結論ではなく、進化の過程でそのような犠牲を伴い、結局、人と人の繋がりを強烈に欲する結果になるという意味で)

 

その根拠は、人はカルマの昇華をするためには他人が必要ですよね。

(karma というのはサンスクリット語でactionの意味ですので、正確な意味として使っているのではなく、日本で一般的に使われている業みたいなものとして、カルマという言葉を使いました。)

 

出会いは、もしかしたら、オンラインで可能であったとしても。他人っていう温度が必要な命なんだと思います。

 

だから、

 

繰り返しになりますが、

 

私の結論は

 

Metaやムーンショット計画と同時に

 

コミュニティ化が起こっていく。

 

そう考察します。

 

では、コミュニティはどう作るの??

 

それは自分で作るしかないです。

 

誰かにやってもらってお金を払って買うってことはできない。

 

エコビレッジは全ての人が主役です。

 

誰か頼れる人についていく三角形の組織構造であるヒエラルキーではない、自立した集団です。

 

そう目覚めた人からどんどん動いてます。

 

そしてその人たちは最高の未来の足音を感じています。

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓