昨晩、不思議な突風が吹いた。

 家ごと吹き飛ばしてしまいそうな突風が突然吹いて、すぐに止んだ。

  そのあと、うとうとしてると白い光の中で虹色に輝く龍を見て、すぐ目が覚めた。それだけの夢。明晰夢だった。

翌朝、私はとても体調がよくて、世界がとても澄んでいた。

 もう何もしなくて大丈夫だと言葉ではなく、体がわかっていた。

 私たちは、昭和・平成と、資本主義の中で、天空の世界にある宝物を探していたようだ。

 でも本当の宝物は、自分が深く、地球に根にはり、息を深く吐いた時に顕れる。いや、「在る」。

それは吸う息。吸おうとして吸うのではなく、吐いたら勝手に入ってくる息と共に、わたしの肉体の根っこから無限のエナジーが入ってくる。

根っこだ。

 手を伸ばした先にあるのではなく、すでに無限のエネジーは呼吸と共に肉体にある。

この肉体を通して、神の願いを叶えてる。

手を伸ばさなくても、知ろうとしたり、探したりしなくても、そのままであることで、溢れるもの。

 あなたはもうどこにも行かなくていい。

あなたは「個人」ではないことに目覚めていますか?


私たちは、自分が「個人」だと思っていたけれど、その夢からもう覚めている人が増えてる。

目覚めたから教えてあげようという人は、まだ分離の意識にいるからだろう。

目覚めたあなた自身は、あなた「個人」ではない。

複雑な、神聖な、繋がりによって、あなたのタイミングで「それ」が起こっただけのこと。

そして、もっと進めば、あなたは「個人」ではないことも認識している。

でも、この地球で、私たちは「個人」だ。

そうなってくると、人と比較したり、何かを教えたり、何かを変えようとかいう意識が薄れて、ただ自分をよろこびに生きるようになっていく。



↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓