起きたことをどうこうしようとせずに足掻かないこと。

それが、息子の自殺であろうと。

起きたことを受け入れる。

それが、10年の病であろうとも。

起きたことをどうこうしようとせずに光を見出す。

それが娘の病気であろうとも。

起きたことに、愛と感謝を見出す。

それがナチスの収容所であろうとも。

あなたの魂が優秀であればあるほどに、闇も深く、そこからでも光を見出せた時、揺るがない真実を見抜くことができる。

それは全てが愛であるということ。

この世界はあるようでなくて、意識があって、初めて存在しているかのように見えていること。

つまりは全ては波動であり、バイブレーションであり、掴めない固定できないことであること。

いつでもどこでも選択ができる。

というのは、現実を変えようとするのではなく、

起きる現実から、愛を見出せるか、感謝を見出せるか、
それが神による完璧な采配であり、愛であり、

自らが幸せになるために起きていること。という真実を選べるかどうか。

死というのは幻想で、ただの変化であるということ。

誰かと会えないとか、そういうのもなくなる。いつでも誰とでも繋がれることを思い出していける。

そいういう次元に入っていること。

もうその次元で、外側に一喜一憂することはなくて、全てが微笑ましい出来事に感じていける。

地獄のようなその状況で、それを見破れば、現実はただの映像なのだとわかる。


これだけ大きな変動の中にいて、

出てくる不安や心配や恐怖を手放して、

100パーセントこの現実が波動であることを認識できるようになっていく。

その意識から遠い人、その意識から目を覚ましたい人ほどに、

周波数を変える必要性があり、そのために衝撃な体験をしているだろうと思います。

苦しみは波動を変えるチャンスです。

外から起きることに影響されない自分になるためです。

他者と分離する必要がない意識、誰かを求めたり、恋しくなったり、する必要がないんですよね。

自分と全てが一つなので、宇宙が内側にあります。

分離がなくなり、一つになっている。

つまり、未来を不安に思う必要など一切なく。
ただ、命を愛と感謝に委ね、ダンスをするように生きるだけ。



世界はずっと優しい
宇宙というのもずっと優しい

たとえ何が起きようとも
ずっと
あなたが真我に届くことを応援している✨


それは

目に見える成功やハッピーと呼ばれるような状況ではないかもしれない

どんな状況にも渇望もせず嫌悪もしない

そのゼロに触れたとき
無限の愛にたどり着いた時

探求を終え

全ての力が抜けていく

もう探さない

探す必要がない

全てはあった

最初からあったんだ

波に翻弄されていた人が
海という無限の愛がずっとそこにあったことに
宇宙のどこまでも深い愛に
世界は愛でできてるという真実に…

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓