よく、「やりたいことがわかりません」という方がいますが、

「私もあなたのことを知りません」と答えます。

私はクライアントさんの代わりに
食べることもおしっこをすることもできないのです。

その人の人生はその人が生きるしかない。

だけれども、その人には「自分がどうしたいのか」わからないという。

なぜならば、ずっと「他人に愛されたくて生きてきた」から。

ずっと他人の顔色を伺い、他人の好かれる自分になることに必死になって生きていたから。



その人はただ単純に「自分で自分を愛されるように」生きればいい。それだけです。

また、こういう人がいます。

「自分らしく生きたいんです!」

本当の私らしく生きたい

と、おっしゃるのですが

本当の私などありません。

私という認識は

認識があるから存在する訳ですから、

そもそも自由自在です。

「私らしく」=「どういう私でありたいか」と同意義なので自分で決めるしかありません。


他人に依存するために、病気を創り出し、

言い訳するために、病気を創り出し、

恐れから逃げ続けるために、病気を創り出す、

まるで、病人になった人は悪者??

いいえ、違います。

病気という方法を使って、「本当の魂が望む場所」へ移動させてくれています。

苦しみ、痛み、苦悩、それらが教えてくれています。

こんな苦しみもう嫌だ!

と、魂が叫ぶ時、人は命がけで動きます。

そうつまり

病気=原動力

腰が重ーい人を動かすための原動力

ずっと

自分を愛して

と体は語りかけてくれています。

表面的な愛ではなく、

自分のために人生を生きて💖と。

とはいえ、そんな言葉聞いても行動に移せない人はたくさんいます。

その人に言いたいのは・・・



死んだように生きないで
死ぬつもりで生きろ!

です。

そもそもあなたの命はあなたのものではありません。

命はリレーです。

あなたの母、父からつながっています。

だから、あなたの命は色々な人の命がつながっています。

そして、あなたが食べるたびに、食べたものと一つになる。

だから、あなたは毎日、命をつなげています。



私たちの命は全てと
一つです

だから、あなたのものなんかじゃないから

死んでも問題ありません

どうぞ

死んだように生きないで
死ぬ覚悟で生きてください

つまり



    生きろ


と、あなたの命は鼓動をうっています。

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓