これね、

すごく「最後の恐れ」を超える時に、ずっと胸に響いてた言葉でした。




この意味を深く理解したのは、30代後半でした

目に見えること

耳に聞こえることを超える


犀の角のようにただ独り歩め。ってね

イコール師はいない。

ということだったのです。



師だと思っていた人が全て正解ではない。

どんな有名な人でも、著名な先生であっても、頼りにならない

頼れない時が来る。


大好きな友人も、愛する人にも頼りにならない

頼れない時期が来る。

この時、

この言葉に支えられる。

師というか、

神を自らに見出すんです。

導きは内なる神にあったと知る。

犀の角のようにただ独り歩め。ってね

一人でありなさい。孤独でありなさいって解釈する人いるけど、そうではない。

人は社会の中で生きる性質があり、そこに意味がある。

私たち、人間は、

ジャングルで一人で生きるようにはなっていない。

そのようには生まれてない。

だけど、

導いてくれるものが一切なくなった時

この言葉がとっても役に立ちます。

犀の角のようにただ独り歩め。

それは師は外側にいないということ。


外側の師が役に立ってくれることもあるのだけれど、最終的にはそれすらも卒業する時が来ます。

それが

真の自立



↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓