うちの娘は面白い。

おしっこに行きたい時に、「おしっこ行きたいけど、我慢するね!」と言ってくるww

「我慢しないで行っておいでよ!」と言って欲しくて、それを言ってもらってからニッコリ笑って、トイレにいく。

そのやりとり面倒だから、行けよ。って思うけど、つい可愛くて答えてしまう。笑

でも、女心ってそんなものだったりする。

その言葉を言って欲しくて、言ってもらおうとする。

愛じゃなくて、愛欲でね。

ほとんどの人が愛と愛欲の見分けがつかない。

本人にとってはそれが愛だと感じているものだ。

その違いについて、説明しても難しい。

この差を理解できる人は本当にごく僅かだからだ。

愛欲はややこしい。

しかし、とても愛おしい。

全人類に愛欲を卒業してほしいと願ってはいるが、三次元はとても愛おしい場所なのだ。

ツインレイという言葉に翻弄されてしまった人々の話

ツインレイです。ツインソウルです。彼はツインレイなのです!と、言葉にしている人たちは、

よーーく自分を観察して欲しい。

相手を「固定」し、現実を「固定」しているという事実に…。

しかし、女性にとってはそれが最高の幸せだと勘違いしている歴史がある。

永遠の愛、失わない愛

そんな保証が歴史上、女性にとっての幸せだったから。

誰も突っ込まないだろうから、妹尾が言いますね。



愛は保証ではありません

愛は一瞬たりとも固定できません

愛は生まれては消え去るものです

不安定なものなのです

それを信頼できた時、あなたは本当の安らぎを知ります。

あなたは全体とひとつになる。

誰かという特定のものではなく、
あなた自身が全体になるのです。

全体になった時、あなたは真の安らぎと真の愛は何なのかを知るでしょう。

同時に全てが完璧だと心の底からわかるでしょう。

愛欲に翻弄された皆さん。お疲れ様でした。

これからは、魂が真の自立を果たし、「修行」や「学び」を終えた魂同志が出会う。

その二人の関係性は良くなるしかない。

今日より明日。明日よりもっと明日が良くなっていく。

二人を通して、もっと世界が良くなっていく。


陰陽の法則、投影の法則を抜け出した二人が出会える場所。


目覚めた二人が出会える世界が、令和の世界。

無限の愛の世界。

所有の愛を超えた世界。

そこに女心とか、駆け引きとか

存在していない。


これから人類は愛欲を超えていくだろう。


愛欲を超えた人は、人を傷つけたりしない。絶対にしない。

その人は、たった一人で満ちているから。


↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓