低所得者層ほど、政治批判に走りますね。

人のせいにする思考パターンの顕れです。

高所得者は状況の善悪ではなく「ならばどうするか」という思考パターンに動く発言をします。

また低所得者の方は日々の貧困の不満を集合意識にして、ぶつけるため、市役所の対応にも不満を持ちやすく

せっかく国が大規模な保証をすると言っているのにも関わらず、そのチャンスを逃します。

過去の一揆も正当な理由があったというよりも、
不満を持ち続けた下層の人間が爆発した時の矛先は
憎悪となりトップにぶつけられるという
原理原則です。

そういったことから目を覚ましましょうね。

自分を客観視する。鳥瞰する。俯瞰する。

あらゆる視点を持ち、愛を感謝の意識を持つことがあなたを救いますよ。

もし、心当たりがあるなら、

社会に感謝し、市役所の人の働きに感謝する気持ちになってから、諸手続きをなさってみてください。

現実は変わりますよ。

わたしがいるから意識がある。

いま ここ すべて。

って!書いたら、

宇宙の存在が
寝てる時に入ってきて

調和の世界を創造したいのなら…

「批判」に走る人々というのは「想像力」に欠ける。例えば、「あの人は、マスクをしていないから、いやだ」じゃなくて、「マスクをしていないのはどんな理由があるのだろう」という想像力を働かせられるかどうかであるということでした。

その通りだなと思いました。

みんなに伝えてと。

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓