この動画ね。どうして、黒沢さんがコロナウィルスに罹患したか分析してみましょう!

黒沢さんは

「私はコロナに罹患しているのではないか」と強く不安に思っていますよね。

症状が緩和してもなお、コロナを疑ってる。

かつ、医者に診断されても疑うという行為を2回繰り返してますよね。

もし、彼女が1回目の診断で、「私は元気になったんだ。大丈夫なのだ。」と思えたら、それで免疫力は高まり、コロナウィルス保菌しているか否かに関わらず、元気になれたはずなのではないかと思います。

目に見えないものが常にあるので、怯えてください



これは、決して健全な在り方ではありません。



注意深くありながら、自分の健康を信頼しましょう。



こちらが健全な在り方ですね。



ヨガをやっているパートナーのshuさんは、ずっと私が酷い風邪をひいていて、コロナについて世間で言われていようとブレずに元気でした。

いちいち情報に自分を左右されないんですね。そもそも瞑想者なので、外側にブレない。

だから、全くもって健康。

意識が言葉を創造し
言葉が現実を創造します

これはね、黒沢さん批判じゃないんです。

もっと医療機関は検査を早急にすべきというところは賛成です。同じ意見です。

だけれども、これほどまでに、現実は自分の意識が創造しているということ。

かつ、健康というのも、意識によって、左右されること。ここでも見えてるなーって思います。

有名な話があります。

全く同じ遺伝子を持つ一卵性双生児のお二人。

癌の家系だそうです。

がんを発症する種はある。しかし、一方は癌を発症し、一方は癌を発症しなかったんです。

これによって、
DNAには、遺伝するという事実に加えて、スイッチがあるということが分かったんですね。

例え、癌の遺伝子を持っていようとも、スイッチのON/OFFがあるっていうこと。

そして、ON/OFFを決めているのは、意識なんではないかってこと。

もし、コロナにかかっても、元気な人は大丈夫なわけです。

かといって、感染源になるのは、元気な人も元気じゃない人も同じリスクがあるから、外出は控えましょうってことなんで。不要不急の外出は控えたほうがいいと思う。

これね、都内って、そう伝達されても、人が出るから、いろいろなところがすぐに3密になっちゃうっぽい。

田舎の広々した場所であったら、それはないよねー。だから、田舎と都内はギャップがあるし、それなのに不安に煽られて、閉じこもって、保存料たっぷりの食事してた方が病気になるしね。

だから、様々なパターンはある。

政府は、日本全国民に同じ良い方法として提示してくれているってこと。

だから、黒沢さんがコロナにかかったのは意識の問題。心の問題ですから、外出しましょう!って言ってるわけじゃないのね。そこは誤解しないで欲しいです。

MBIの皆さんは意識が現実を創造していることを読み解き、だからこそ、クライアントさんの夢を叶えていくために、その人の発言から思考パターンを読み取り、

どうセルフエフィカシーを上げていくかっていうことを介入していきましょうね!っていう確認でした!

こういう些細なことでもね

あーこの思考がこういう現実を創造しているなーって読み解けるようになると、カウンセラーとしての腕が上がって、クライアントさんに変化を出しやすくなる。つまり効果を出しやすくなるんです。

あらゆる場面で、人の言動と結果を観察してみると、いろいろなことが学べますね!

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓