イギリスも日本も世界は繋がっていますからね。

人間万事塞翁が馬

その昔、時は戦(イクサ)時代の物語。

とある国境の砦に、父親と息子が暮らしていました。

息子は、戦に駆り出されても良い年頃です。

そんなある日のこと、事件が起こりました。

父親の飼っている馬が逃げ出したのです。

昔の馬は今の時代で言う資産。いわば大金を失ったようなものです。

それを知ったご近所さんたちは、父親を慰めに見舞いました。

「いやいや、今回の事件は残念だったなぁ」

すると父親はこう返します。
「それはどうだろう。この災難が幸福になるかも知れないよ」と。

そしてしばらくたったある日。

なんと逃げた馬が、たくさんの野生の駿馬を従えて戻ってきたではありませんか!

その出来事に、ご近所さんたちもお祝いに駆けつけます。
「逃げた馬が戻って来ただけでなく、駿馬を連れ帰ってくるとは!よかったなぁ」

すると父親はこう返します。
「それはどうだろう。この幸福が災難になるかも知れないよ」と。

そしてまた、しばらくったったある日。

息子が野生の馬を手なずけようとした際、落馬し足を骨折してしまいました。

その野生の馬とは、以前逃げ出した馬が連れ帰った駿馬です。

ご近所さんたちも、お見舞いに訪れます。
「かわいそうに息子さん、大怪我をしちまったな」

すると父親はこう返します。
「それはどうだろう。この災難が幸福になるかも知れないよ」と。

そのうち、その父親と息子が暮らす地域でも戦が始まり、集落の若者は駆り出されることとなりました。

しかし父親の息子は、足を骨折していたため戦力にならないという理由から、徴兵を免れることができたのです。

そして、その命を全うしましたとさ。

そう。だから。

全てを受け入れよう。

ただあるがままに。

自宅に籠らなくてはならなかった人。
医療従事者で出勤が余儀なくされてる人。
育児に向き合わなくちゃいけなくなった人。
夫に向き合わないといけなくなった人。
コロナで苦しみ死ぬ人。
情報に翻弄されてる人。
不安に苛む人。
喜びと希望に満ちる人。

どんな人も、必要で起きている。

常に最善が起きている。

私たちは生きているようで、生かされている。

不幸だと決めているのは、あなたの思考。
幸せだと決めているのは、あなたの思考。

他者が存在するように見えて、
実は自分の中の

思考の中で、映像を見て、感情が動いているだけ。

自分という魂が
「愛」を学んでいるだけ。

包丁自体は悪ではないけれど、
使う人によって、悪にも善にも使えるように。

お金も
使う人の意識のよって、悪にも善にも使えるように。

あなたのその今置かれている状況そのものを決めるのは

あなたの内側の思考、マインド。

エゴに傾けば苦しみ、
そのエゴを手放すチャンスを与えられる。

愛と感謝に満ちていれば、
愛と感謝が広がる。

世界はとてもシンプルで
希望に満ちている。

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓