注意

これを読む前に大切なこと。

①この世界がどうなって欲しいか望みましょう。

願いは叶うから存在しています。

願いとはあなたの魂の予言です。

不安や恐れから世界を見たいのか、愛と希望から世界を見たいのか、決めてください。

それがあなたの世界を創造します。

きっと、愛と希望の世界を体験したいはずです。

(※余談ですが、羽生選手は金メダルを取る前に飛行機の中で、イメージで金メダルをとって、号泣し、本番よりイメージの方が感動したと言っているようです。世界が平和に浸る歓喜で泣きましょう!)

②では、その願いを手放してニュートラルな意識に戻します。それが叶っても、叶わなくても良いという意識です。

③物事を多角的に考える思考は大切です。俯瞰・鳥瞰・論理的思考・一般化・抽象化などなど、多角的な視点を持ちましょう。

多角的な思考とはニュートラルな思考です。

それでは、始めます。

これが本当かどうかはわかりませんが、このアングロサクソンミッションのYouTubeの投稿日は2010年であることは、間違いなく事実です。

ということは、この動画の予言のいくつかが当たっている。

特に、コロナウィルスの予言はジャストです。

この動画の中では、

2011に地震が起こる可能性
中国に生物兵器を投入することを計画していることなどが予言されています

全てが本当だとは言えないと思いますが、一部は本当になっています。

私はコロナタイミングで風邪を引いた時に、内科をいくつか受診した時に、検査ができないという状況に違和感を感じました。

もし、日本政府が本当にこのウィルスを滅したいのであれば、検査をして、陽性の人を隔離する必要がある。

それなのに、検査をしないということに、きな臭さを感じました。

すぐに、オリンピックだなと思いました。

日本だけ明らかに感染者が少ないのはそういう理由ですよね。

中国も感染者数と遺骨の数が合わないと言います。

私はこの動画を不安を煽るためにシェアしたのではなく、これを見つめた上で、我々が今どう行動していくべきか、見えてきたので、シェアしたいなと思ってので、投稿しています。

この動画でもありますが、この計画の中でも成功していない事例がたくさんあるということです。

それは私たちが行動することではなく
一人一人の意識の力が非常に大きな意味を持つとこの動画でも言っています。

例えば、

私という個人がsoftbankの孫さんに5Gやめてくれ!と、訴えることはできないように

コロナウィルスから第三次戦争が計画されていて、人口が削減されるとしても、それを私たちの力で、物理的にどうこうするのは難しいと思います。

しかし、コロナウィルスのタイミングで多くの方々が愛のある行動をしたために、この状況下でこそ愛を感じ、社会が良い方向へとシフトしました。

このことにより、第三次世界大戦のタイムラインは一度消えたように私は感じました。ただ、まだ安定的ではなく、人々の意識がどうあるかが問われているし、もっと高い次元の意識への上昇が急がれていると強く感じます。

つまり、愛にできることはまだあるかい?→愛にしかできない。この地球を救うことは愛しかないということ。

第三次世界大戦が起ころうと、起こらないとしても、

どちらにせよ、世界は変わります。

その新しい世界へ向かうとき、

愛にとどまることは何度も繰り返しお伝えしてきました。

その愛とはとても微細なもので

生きとし生ける全ての物への愛です。

そして、もう一つ、

私たちは

真の自立を求められていると思います。

頼らないということではなく、
不足している部分を他者に頼れる力も含めた自立であり、

それは、精神的な自立はもちろん、

社会という大きな組織に頼らないライフスタイルに移行していくということです。

コロナタイミングで、色々と宇宙から降りてくるメッセージがそれで、自然というものと根付いた生き方のことです。

この人口削減が行われる理由は自然を守るため、地球を守るためです。

確かに、人間が自然に対してしてきたことは残虐です。

ただ、許してはならないのは、地球を守る人口削減ために、人種差別が加わっているということです。

今まで、身勝手なことをしてきた人類が環境や地球からしっぺ返しを受けるのは当然のことであり、人類がこのまま意識を変えないのであれば、人口削減も神の愛だと納得ができます。

しかし、私たちは本来愛の存在であります。

誰が悪かったというわけではない。

ベストなことが起こるために、陰極まったとも言えます。

人種差別を含んだ人口削減を起こさないためには
(つまり第三次世界大戦を起こさないためには)

人と地球が真に調和した暮らしをしなくては、本当に人類が地球にとっての害になってしまいます。

自然と調和しないのであれば、人口削減しなければ、地球を守れないという状況であることは否めない。

このコロナタイミングで昨日投稿した調和の暮らし・循環の暮らしを見てきたのはそういう意味もあったと思います。

どうやら、宇宙が言うには、
世界の終わりというのは、
社会の終わりのことで、
それが楽園の始まりとなるということのようなのです。

普段から地域のコミュニティを大切にし、人との繋がりを大切にし、自然との繋がりを大切にし、生きている人は幸せになるよ。というような感じ。

コロナで買いだめした人々の買い物の内容のほとんどが添加物のあるものですよね。その買いだめした商品の方がコロナより死のリスクを高めているのはいうまでもありません。(動画にも言及されていますね)

これって↑イソップ物語のようですね。

私たちは、あらゆる時代を乗り越えてきているようにみえて、いつも愛という課題をこなしています。

愛の純度を高めるという課題を提示されている。

宇宙が言うには、
世界の終わりというのは、
社会の終わりのことで、
それが楽園の始まりとなるということですが、

どうして、そうなのかは知りませんでしたが、この動画をみて、

そういうことなのかと納得しました。

お金というのを持っていても意味がなくなるタイミングがあるのかもしれません。(ベーシックインカムもその一つかもしれません)

楽園はその先にある。

(無限の愛の境地はとても大きなヒントになります。あの本はただの恋愛の小説ではないのです。この地球の転換期をどのパラレルに移行するかを助けてくれる次元上昇アイテムです。)

計画された人口削減なのかは別としても、全ての人類が健康でい続けることは、すでに困難な状態であることは間違いないと思います。

ゆえに、今私たちに求められているのは

社会に頼らない生き方のこと、

になる。

そんなことあるなんて、私も信じていません。笑

だから、ビジネスも金融もあり続ける
教育もある

そういう前提で生きて、動いてます。

証拠がないことを信じて生きるのは妄想と同じですからね。

ただ

そういう可能性もちゃんとみておくということで今回は投稿しました。

もし、そういう可能性があったとしたら、どれほどまでに本気でありのままで生きないといけない状態なのかっていうのも感じられると思いました。

が、陰謀論に偏りすぎて不安を煽っている人もまた、自分の意識の創造であり、自分の創造したパラレルアース。

また、一斉に祈りましょう!
全てがそうだとは思いませんが、シェアしてください!拡散お願いします!っていうやつには、
祈りは重なれば強いけれども、溢れてくるものが本質だから、時間を合わせてっていうのはあまり自然に感じませんし、本質的な宇宙の願いは拡散してくださいと頼まなくても勝手に拡散されるかなという感覚が私はします。

そういった意図的ではない何かの中に宇宙の導きや愛があります。

宇宙タイミングに身を任せ、愛の波動にいるだけ。

簡単ですね。

何が起ころうとも良くなっているんだ。

世界が良くなっていくことに感動しましょう。just now

色々言いましたが、世界は必ず良くなっていくと私は感じますが、綱渡りのように世界がぐらぐらしているのも感じます。(第三次世界大戦のタイムラインがなくなるためには、まだ祈りが必要である)

その世界が死んだ後だったとしても、(つまりアセンションは死を持って新しい世界へと移行するのだとしても)何も不安に思う必要はなく、全てが最善です。

死は誰にでも訪れるものとして、日々、悔いのないように生きましょう!今ここを最高に楽しもう!

全てを信じて、愛に横たわりましょう。愛の中に休んで。

今ここを喜びに、歓喜に生きよう。

メメントモリ=死を想え

そうすれば、今がどれほど美しいか知ります。

愛してる人に愛してると伝えよう。
ごめんなさいを伝えよう。

もし、それで長生きしても、きっと損はないから…

明日死ぬとしたら、あなたはきっと愛を言葉にするはずです💖

最高の地球への移行が起こってる💖

この言葉だけを忘れないでください✨

最後までお読みいただきありがとうございました。




↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓