こちらの本を出版した経緯についてお話させてください。

 

当時、ツインレイだとか、ツインソウルだとか言う言葉がスピリチュアル業界の中で流行ったんです。

 

カウンセラーをしていた私にはとんでもない人々がたくさんいらしたり、

※芸能人がツインレイだと想って、毎日イメージでマッサージしていますという立派な社会人(その後、その芸能人は結婚なさった)

 

実際にカウンセラーをしている方がとんでもない事をしていて

※このエネルギーワークをやれば、ツインレイと幸せになれますよと意味不明なことに3万円もとってたり

 

これは苦しみを産んでいるなと危機感を覚えました。

 

自らもその世界に飛び込み、「真実は何か」を、自分で探ろうとしたんですね。

 

そしたら

分かった。

 

 

愛にエゴはない

エゴがないとき痛みはない

 

ツインレイだと仰る方の多くに

 

不倫している方がいました。

 

不倫の善し悪しについての議論は必要ではないと想います。

 

しかし、

宇宙が

結婚制度に何か問題を提起しているなら

宇宙が伝えたい愛とは

一体どういうものだろうと考えたわけです

 

 

 

それが

 

「真我と自我」微細な違い

 

やったんですわ

 

真我はすべてと一つの感覚ですのよ。

 

分離が消えるとき

 

 

ありのままの自分になっていけばいくほどに

自我は消え

ありのままの自分になっていけばいくほどに

真我になるわけですたい!

 

ちなみに!!(ここ重要!!)

 

真我は罪を犯さないという意味ではありません

真我は

自らがもっている制約をすべて解き放ち

溶かしきってしまいます

 

 

※ここで多くの妹尾の読者さんが勘違いしちゃってるんです。

私は結婚制度を超える使命を負ってるから不倫してもいいとか

言い訳につかってるんですね。

真実の愛に向かうのは簡単じゃないです。

エゴの完全滅却ですから

修行僧でも超えられる人もいれば

死んでしまう人もいます。

それほどまでに、エゴの完全滅却は簡単ではないことです。

それをすべきだと言っているのではなく

そんなレベルとあなたの不倫と一緒にしててはいけないよ

そんなことしてたら苦しむよ!

と、伝えたかった。

 

 

 

結婚制度に問題提起していること=不倫してもいい

 

ということではないはずなのに

 

多くの人が不倫をしながら無理矢理自己肯定しているか

潜在的には自己嫌悪しているか

開き直っている

 

というパターンだったのです

 

※だから本を書いた。みんなを代表してでも、自分が泥になりましょうと想ったわけです。

 

 

しかし、真実はもっと奥深くにあるであろうと考えたのが妹尾でした

 

 

例えば、

 

正直に話せば不倫は許されるのでしょうか?

 

相手が傷ついたとしてもそれは問題ないのでしょうか?

 

宇宙は誰かを過程の中で傷つけることはあっても、普遍の真理において

誰かを傷つけることなどありはしないだろうと妹尾は考えた

 

だから、

 

多くの人が不倫をしながら無理矢理自己肯定しているか

潜在的には自己嫌悪しているか

開き直っている

 

このどのパターンも当てはまらないだろうと考えたのです。

 

もっと真理は奥深いはずだと。。。

 

 

 

私たちは宇宙に選ばれし、運命の魂の相手だから

夫にもしくは妻に隠れて恋愛関係をし、

都合良く、夫には金銭的にたより、

もしくは

妻には家事や育児を頼り人達が多いですよね。

 

つまり、便利なところはお願いしていようというエゴの強い人々です。

 

この状況に宇宙はもの申しているのだと観じたわけです。

 

それは真理ではありませんよ。と。

 

「ワクワクしていれば、気分がよければいい。」

(嘘をついてもいい)(傷つけてもいい)(裏切ってもいい)

 

隠していれば、人は傷つかないと想っておいでなら

それは間違っていますよ。

 

※宇宙は、悟りは、そんなに甘くないですよ。

※第四ステージにおいて、愛における純度を完全に高めることを要求されるのです

 

 

 

 

宇宙は

全てスケルトンになっても、

愛である世界を

目指しているのですから。

 

 

あなたの世界をスケルトンにできますか?

 

それで誰も傷つけていないと誇れますか??

 

 

それがこの本に書いたことでした。

 

 

 

そして、その真理には続きがありました。

 

それがこちらでした。

 

 

 

愛にはステージがあった。

 

恋愛の次のステージ

 

無条件の愛を超えた愛があったのです。

 

 

 

 

それはとても不思議な体験を伴いますが、

 

多くの人が「妄想しているだけ」であるという事実がありました。

 

※もうそれは洗脳を超えて、完全なる思い込みでした。

 

相手が特別な相手だと想いたい。

 

そう所有したいのです。

 

私は無条件の愛だと言いながら、

相手に肉体を求める愛であるところから超えていないのに

マインドでそう決めつけている

 

 

そんな人々を見て、宇宙がヤバいなと想って、

わたしにこの本を書かせたように想います。

 

愛の第四ステージについて語ってはならないのに!!!

 

限界ぎりぎりまで伝えました。

 

 

これで

あなたは分かっていないということを

理解できると想います。

その時あなたは救われます。

 

 

だって、そのせいでずっと前に進めない人がたくさんいるでしょ?

 

自分は違うって想ったら、もう手放して、まじで完全に手放して大丈夫!

 

そしたら、本当に内側に顕われます!

 

すっごい奴が!笑

 

 

分かっていないということが理解できたら、もう大丈夫!

 

聖なる出逢いが起きたとき、

不倫という行動に走ることはあり得ないと私は考えています。

 

 

真実に向かいます。

 

 

だって、本気で真実に向かうなら

 

もちろん、誰かに何かを隠すことはありえないっしょ?

 

子供にも。

 

そして、なにより!

 

その行動が誰にとっても幸せなことになるはずです。

 

 

そうでないとしたら、

 

まだそのステージにはないのです。

 

※相手が誰かとかどうでもいいんです!

※2020年に向けて、愛の純度をあげる!!!それがあなたを幸せにする!!だって波動が行き先を決めてる!

 

そのステージにないとしたら、

 

あなたは何かに嘘をついて、都合よく生きています。

 

そんな人がほとんどでしょう。

 

だけど、それを責めないでください。

 

その至らない自分をちゃんと見つめること、

 

そして、弱い自分を抱きしめることでしか始められません。

 

不倫にしがみついて、苦しんでいる人々は、それは愛ではありません。

 

愛を知るための、愛だとは想います。

 

愛なら誰かを傷つけたいとは想わない。

 

この愛のステージは、自分の、あくまでも自分の内側の愛の純度を高める出来事です。

 

極限まで不純物を取り除く作業でしかない。

 

そして心から言えます。

 

こんなこと体験する必要ない!

 

体験したい人は

勝手に導かれるから!

 

この本はその全ての答えに届くはずです。

 

あなたの心が

 

本当に清く、純粋で透明になったとき

 

誰かを求めることはありません。

 

ただ在る愛です。

 

愛は動詞ではない。

 

 

 

↓↓↓

無限の愛 キャンペーン中

 

 

そんな苦しみの中にいるあなたを救う方法があります。

 

それは生きとし生けるもの全てへの慈悲深い祈りです。

 

この世界が慈しみに溢れますようにと

 

数分間祈ってみてください。

 

あなたの心がどれほど軽くなるか観じてください。

 

重かった分、あなたは自分のことしか考えていません。

 

本当に幸せな人は

 

いつも

 

他者を自分とし

 

他者を愛し

 

大切にし

 

慈しみ

 

優しさに溢れています。

 

それが人として

 

一番幸せになる方法だからです。

 

宇宙はとてもシンプルで

 

愛に満ちています♡

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓