巫女として生きると決めたわけじゃないのに

 

勝手にそうなって

 

本なんて書いてます

 

 

Amazon絶賛予約受付中

 

 

 

巫女代表とも言えるアマーリエさんの言葉に大共感した↓

 

「私は本当にこのごくごく平凡な生活が愛おしいのに

それをぜんぶ捨てさせられるようになって、冗談じゃないわってミカエルと喧嘩した」って、

そしたらミカエルが「お前はそんな小さなことのために降りてきたのか?覚悟しろ」

みたいなこと言ってたらしいけど。笑

 

巫女って、使命みたいなもんでしょうか?

 

やるって言ったかな。覚えてないんすけど。

 

 

巫女は民の元へは降りないらしい

だから

常に

理解されない

 

 

私は龍神系の巫女

 

ピーカンの晴れに

龍のような形をした一筋の雲に洗礼を受けたり

天気予報で雨でも自分のところだけ晴れてたり

ここには書けない(きっとそんな風に奢るなよって想われるから書けないけど)

鎮めたであろう雨もたくさんある

 

詳しくは書けないけど

 

本当に

 

龍神がいて

 

私は離れてもらってる

 

距離感大事です(笑)

 

今は

 

遠くから見守ってくれてる

 

私が人を変化させられるのはこの龍神パワーだと想う

 

MBIのコースの合格基準ってなんですか?って編集の人に聞かれたときに

 

「セッションをしたときに、相手の魂が次元上昇したら、空も晴れるように出来るようになったら」って話したら

「は?」って言われて

「ほんとなんですよ!セッションをして、魂が癒えると同時に空が晴れるんです」

「・・・」

「いや、まじで、これって、信じてもらえないことなんですかね。。。」

「えっと・・・」

 

 

みたいな会話でしたけど

 

クライアントさんはご存知ですよね

 

こないだの自死のセッションではSkypeだったけど

 

そのクライアントさんが号泣しはじめた

 

その向こうの窓が

 

ぴかーんって光が刺してきてね

 

「あ、来てますよ」って言ったら

 

観じるみたいで、笑って頷いててね

 

セッションしたたら、光がその人に刺してくるみたいなことってしょっちゅうあるから

 

当たり前に

 

人の魂癒されたら空が晴れるって想ってた

 

宇宙マッサージのプリミさんはマッサージで雨降らすよね

 

うちの息子はズドーーーンって雷落ちてたけど笑

 

 

 

 

 

人の意識と空は繋がってる

 

これほんと

 

 

 

 

 

だけど

 

巫女は

 

自分の命を引き換えにしちゃう運命にあるようにも想う

 

 

私はそれは嫌だって想ってる

 

だけど

 

無限の愛の本を書いたとき

 

ちょっとそれを観じてた

 

これ書いたら死ぬのかもって

 

まあ、死ななかったから

 

めっちゃ健康だし

 

連れていかれなかったのかな

 

 

 

 

 

生け贄ってあるでしょ

 

あれってさ、世界各国であるじゃない??

 

なんでか

 

分かる??

 

 

 

 

留衣の解説だけどね

 

 

人って命が終わるときに

 

その人が決めたカルマを持っていくってことがある

 

例えば。ペットが死ぬときも、その家族の持ってるカルマを引き受けてくれてたりすることもある。

 

これは、人でも同じで

 

その人が亡くなるときに

 

持っていってくれるカルマみたいなのがあったりする

 

命と引き換えに

 

カルマを持っていってくれることを

 

古代の人は経験として知ってたから

 

生け贄になる人って身分が高かったりする

 

そういう人が死ぬ(他者にとって価値のある人が死ぬ)ことでそれと引き換えにって

 

意味があったんだろうね

 

 

それは、まあ、ある意味で

 

結果が出たと想う

 

 

私は色々な前世を観たことがあって

 

その中に生け贄の記憶もある

 

そのとき、生け贄になれることは「とても格式高い誇らしいこと」と認識して

 

神様のところへいくんだと嬉しくているんだけど

 

死ぬときに「え?痛いじゃん」って想って、死んでみて、

 

「生け贄」って人気のマインドが創り出しただけなんだって自覚してた。笑

 

今、現代の私たちなら当たり前だけどね

 

古代の人知らないんだよ

 

でも、こういうことって一杯ある

 

常識を疑わないと

 

真実は目に見えない

 

ほんまやで

 

これくらいあほなこと信じてることたっくさんある

 

現代にも

 

ある

 

科学が完璧じゃないから

 

だから、2020年にむかって

 

この微細な差を感じとって

 

ほんとに真実に向かわないといけない

 

 

巫女は天と人を繋ぐ役割

 

陰と陽のバランスをとるってことが役割

 

この記事はまさにそこのもうピンポイントの事だった

 

 

メッセージ

 

 

生け贄は

 

結局、その陰陽のバランスみたいなもの

 

光があったら闇があり

 

闇があったら光がある

 

 

 

どちらも

 

あったままでいい

 

 

ってなることでしか

 

 

悲惨な事件は終わらない

 

 

どちらもあったままでいいってなったとき

 

生かされてる中に

 

生かされることしかできない

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓