オレはこれだけ稼いでいるんだから、家事と育児くらいしっかりやれ」

VS

「私は毎日育児と家事しているんだから、たまに家にいるときくらい手伝ってよね」

 

 

あるある

家庭の紛争ですね。

 

 

 

これをマインドで解決しようとも無理があります。

 

なぜなら、全く違う労働を

全く違う肉体がやっているわけですから

これを平等に評価するのは至難の技です

 

家事労働が、どういった労働に匹敵するのかという調査はありましたが、

「どちらが頑張っているか」という評価は無理がありますよね。

24時間365日両者の労働を測って正確に評価することは難しいと想います。

 

 

こんなに外で頑張って稼いでいるのに、

お休みの日になると、家事や育児をお願いされるお父様達。

おつかれさまです。

土曜日の遊戯施設に子供を連れていくと、

ほとんどがパパ!!!

疲れたパパが子供たちを預かってるのを見ると、

この世の中のお父さん達、随分と大変だなと観じています。

女性は自分も活躍しないと自己価値が得られないという情報社会にさらされていますから、女性も育児&自分磨きに大忙しです!

 

さあ、そんなお父様達に朗報です。

 

男女という深い観点から

あなたのその問題を解決して参りますね!

 

そして、実は今、2019.8.8のライオンズゲートに向けて、

真の男性性が立ち上がろうとしています。

 

ゆえに、男性達の意識が揺さぶられたり、何か価値観がひっくり返るような出来事を体験なさっているかもしれません。

 

どうぞご安心ください。

 

この宇宙の旅の地図を「宇宙の巫女 妹尾留衣」が

 

この地上の言葉に変換して皆様にお伝え致します♡

 

 

 

まず男性が

内側で

女性にひざまずくこと。

 

 

すると

外側で

女性は男性にひざまづきます。

 

 

 

男性が

内側で

女性にひざまずくこと。

 

というのは、つまり!

心の内で、その「女性の本質」にひれ伏すこと。

 

※こういった男性というのは、たいてい出世していますよね。そして、隣にいる女性がとても幸せそうで、安心に満ちていて、くつろいでいます。

 

ただ、男性が女性を敬服することはとても難しいことです。

長い歴史の中で、男性は強くあるべきだ等という価値観が集合的無意識に深く刷り込まれているからです。

 

↓ここ重要①↓

※多くの男性が「男が稼いで家族を養わなければならない」という価値観を刷り込まれています。それは無意識のレベルだけでなく、集合意識そのものに深く刻まれている意識。男が強くあり、女性を守らなければならないという意識を一度捨てて、男性が女性を敬服するとき、自分が弱くなってしまうような、自分の存在価値を危うくさせられてしまうような恐れが起こってきますしかし、その恐れは幻想です。この恐れを打ち破ることが出来るときに初めて真の男性性が立ち上がります。そのとき、男性は内側の女性に敬服することが可能です。そのためには内なる女性性が全て癒されている必要があります。

 

↓ここ重要②↓

※また、母親が厳しかった場合、多くの男性は自尊心が傷ついています。そういった男性は出来るだけ出世をしたり、外側に自尊心を見せつけようとします。自尊心が傷ついているために、自分を誇示しないと自分を守れないような錯覚が無意識下にあるのです。

こういった男性は、内側の女性に敬服することで、自分の自尊心を傷つけられるのではないかという恐れに襲われます。その恐れは幻想です。

こういった男性(母親が厳しく幼少期にコントロールを強くされた場合)は、内なる女性性(母親、女性の教師、女性の友人、付き合った女性達)における支配的な、もしくはヒステリックな要素をすべて内側で癒し、許す必要があります。(インナーチャイルド)

そうすることで、内側の女性性は癒されて、初めて、女性に敬服することが可能となります。

女性を内側で敬服しても、自分が傷つかないのだと分かるのです。

 

 

男性が

女性を敬服することができれば、

真の男性性が立ち上がります。

 

 

その時、女性は男性にひざまずきます。

 

 

女性が彼の足元で敬服しているように見えるとき

彼は内側でその女性にひざまずいているのです。

女性はこのような男性のそばにいるとき、非常にリラックスしています。

 

 

 

男性が女性に敬服するためにはエゴを捨てなければなりません。

 

※このエゴというのが、上記ここ重要①と②↑の「恐れ」に当たる部分です。

恐れから目覚めるときに、真の男性性が立ち上がります。

 

 

まず、男性側から始めなければなりません。

もし、女性が先に服従したなら、それは、彼が何か仕掛けています。

やがて、女性は反抗し、悪意をむき出しにします。

 

【参考文献】

ボディーバイラブさん(ウッタム)の著書「リアルウーマン」ウッタム大好き!

 

 

そして!

秋に新撰組が夜な夜な会議したという歴史のある場所で!

男達のためのおとよが!を開催する予定です!

この世の中を平和にしたいという熱い想いをもった男性達大歓迎!!!

新撰組の魂をかけた熱い想いと

令和の新しい世界を創造しようとしている熱い想いの現代の男性を

妹尾のマントラで繋ぎます!!!

 

青年会議所って知ってますか?

若手エリートが集う青年会議所の正体

今回の参加は、20-40代に限ります!

青年会議所にjoinしたいと想っている方は是非この機会に

若い熱い想いのある方々に会いにいらしてください!

 

OSHOが亡くなるときに、強烈に日本を指したといいます。

そして、シャンタンさんはOSHOから直々に、

この日本が新しい世界を創造する鍵となると

聞いているそうです。

 

日本に新しい世界を創造する鍵を握る人々がいるわけです!!

 

世界平和の鍵と言われている「男女の統合」というテーマを握った妹尾と

社会の中で、真に平和を願い、尽力されている皆様と

おとよがをご一緒できますことで

どんなミラクルが起こるか

とても楽しみにしております。

 

一般の方の参加OKですので、是非妹尾のブログをチェックしていてくださいね!

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓