昨日RADのライブに行きました。

 

超号泣したのが、天気の子の主題歌。

 

愛にできることはまだあるかいって。

 

キラキラの光は、洋二郎が痛みを光に変えたときの美しさに比例しているんだろうと想った。

 

翌朝降って来た言葉がある。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

愛は最強

 

愛はいかなる闇をも溶かす

 

愛は語らない

 

愛は何も言わない

 

愛は静かだ

 

愛は強くない

 

愛は穏やかで

 

愛は儚い己の

 

愛で世界の闇を溶かすのだ

 

歩みを止めることなかれ

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

と聞こえてきて、

 

やめてくれと想いました。

 

 

私はいかなるときも愛を選んだので、

損する事がたくさんあった。

 

損して、恥かいて、馬鹿にされて、

 

そんなことばかりだった。

 

つい最近、騙されていた事を知り

 

愛でいたのに、また騙されてたんだなーって想って、

 

泣けてきた

 

それでも無条件の愛で人を愛するっていうことを繰り返してきた自分だったけど

 

もういいかな。もう、自分が傷つくし、悪魔を宇宙人を愛するって疲れるし、もういいかなって

 

もう無理だって想ってたら

 

洋二郎が

 

 

 

と歌った

 

こんなに傷ついて

 

悪者にされて

 

それでも愛であろうとしてって

 

言われたみたいだった

 

キラキラの光が

 

大丈夫だよって笑っているようだった

 

 

愛でいると

 

決して得をしないことがたくさんある

 

儲からないことばかりだ

 

愛でいると

 

たくさん傷つく

 

愛は弱い

 

それでも

 

ティッシュみたいな祈りを

 

1枚1枚重ねていけたら

 

世界は愛になるはずなんだ

 

 

愛こそ最強やで

 

どんな闇も

 

愛なら溶かせる

 

あなたなら出来ると言われてるようで

 

神様あんた酷だねぇと笑った

 

舌打ちして

 

きっと私はまた愛だけを選んで生きていくんだなとわかった。

 

RAD大好きです。

 

いつもありがとう。

 

あなたの作品にどれほど救われたか。

 

初めてのライブはほんとうに最高でした!!!

 

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓