必ずこちらからお読みください♡

https://wp.me/p9659f-XC

 

 

 

第四ステージについて

 

書く気がどうしてもしない。

 

※知りたい人はウッタムの本を買おう↓

 
 

 

たぶん

 

書いてはならないんだと想う。

 

だってね。

 

恋愛を超えるっていうことを

 

これほどまでに昔の人が知ってるのに

 

恋愛や所有を超えるって

 

全然一般的じゃないのって

 

不思議じゃない?

 

これって密教が

 

密であることとも関連してる気がしてて

 

この体験してる人は絶対いっぱいいるはずなのに、

 

みんな書かないじゃん。

 

なんでだろうって理由があると想うのよ。

 

タントラでも

 

「我々は恋愛を超えるためにここにいる」って

 

OSHOの弟子が言ったとき、

 

「あ!いっちゃいけないこといっちゃった!」みたいな顔してたの

 

で、私は「え?それみんなに言葉で説明すればいいじゃん。そこ分かってない人間ばっかりじゃん!」って心の中で想っててすごーく不思議だったのね。そこ核なのに、なしていわないじゃろって想ってね。

 

で無限の愛の本も

 

恋愛を超える本なんだけど

 

ほんと出したくなくてね

 

自分がバカだと想われようと

 

精神疾患だと想われようと

 

どうでもいいんだけど

 

どうして出したくないかっていうと

 

みんなの意識が

もろに揺さぶられることになる

と分かるからなんですよ

 

そんな本出さなきゃいいのに

 

出すことになっているのは

 

宇宙からしたら

 

心の準備が出来てるとか

 

出来てないとか

 

「知るか」って感じなんだと想う

 

傷つく人がいようといまいと

 

ノンストップで次元上昇しちゃってるから

 

皆さんの意識上昇を待ってらんないんだろう

 

と観じるの

 

行くしかない。みたいな。。。

 

いやだってさ、

 

私は右足三次元、左足五次元みたいな感じで

 

割けるーーー!!!

 

って感じで書いたわけですよ

 

氷河の上で、右足と左足が開いていくような…アニメの世界のね(笑)

 

もう巫女でしかなかった

 

管となるしかねーー

 

神様に明け渡すしかないっす

 

みたいな

 

で、書き終わって

 

え!?これまじで私が書いたんですか??って想ったよね

 

だって全然

 

私の意識はそこについていってないわけですから

 

その意識を垣間みたのは事実ですが

 

そこにはいませんから。笑

 

ひえーーって

 

 

でも、ただはっきり分かるのは

 

人類の意識はここへ行くんだなと

 

でこれがすべての鍵なんだと

 

アセンションの鍵は

 

男女にあるんだと。

 

 

それが

 

どん

 

この本です。

 

 

 

この本を理解するのは知性も霊性も必要だから

 

読む人は限られてると想うし

 

知性があっても

 

霊性がついて来れない人には

 

つまらない本だろうなと想います。

 

だけど

 

そんな自分も

 

他人が書いてるように見えるほどに

 

ぽかーんとしちゃうくらい巫女として書いてて

 

 

ただ、私がどこかの山に籠って僧侶にでもなれる環境が整ってたら

 

右足も左足も5次元にいったんだろうけど

 

できるだけ広くみんなに伝えるためには

 

私の片足が3次元にいないと

 

ダメだったんだろうなと想う

 

神様は随分酷な仕事を私にやらせたなーって想います。

 

ただ言えることはこの第四のステージを超えたら、平穏しかないってこと

恐れは終わる。恐れのない世界。つまり二元を脱した世界へと移行するってこと。

これね、私1年前まで理解できなかった。

2元があるからこの世界じゃんって。恐れや恐怖が終わることなんてないと想ってた。でもね、たぶんあるの。それがアセンション。

その世界はほんとうに、恐れを体験しきった者にしか訪れないこともね。

私のことを嫌う人は恐れを避けてる者なんだよね。

そして。その先に永遠の光の世界があるんだと想うのだけど、この世界の手前って死の恐怖よりちょっと強い感覚があるはずなの。だから、書けない。だって。それが3次元的な解釈として幸福とはいえないこともあるだろうからね。でも、ほんとうにアセンションすると決めた人は、恐れの中に入りきることで恐れを超えると想う。恐れや苦しみの終焉だよ。アセンションといわれている恐れのない世界のヒントは、ここにあるの。この本はその意識のお手伝いになる。

 

実は予約出来るっぽいんですが、ちょっといろいろな事情があって

また追って連絡します♡

 

 

 

 

すでにこの意識に到達していて

 

この真実を内なる空間に聞いている人々というのは

 

ごく僅かにいて

 

そういう人々というのは

 

この本を応援してくれると想う

 

なぜなら

 

これがほんとうに世界平和に直結するからね

 

っていう本です。

 

ええ

 

 

出したくないんですよ

 

 

ブロック外そうとも抵抗してます

 

 

 

 

ああ、出版が近い

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓