私は不眠症とは無縁の10時間睡眠の人なんですけど笑

 

今朝はなぜか、2:22に目が覚めて

しかも、天使のマリーズと目が覚めて

 

なにか書かなきゃって想いがしたので、

 

書きます。

 

 

私は幼い頃から「悪口」は言わないって決めてたので

自分が悪口って言われることって本当にないんですね。

 

あったとしても誤解だったり気にならなかったりするんです。

 

もう何十年も悪口とは無縁の世界にいて、

そういうことは起こらないだろうと鷹をくくっていたんです。

 

 

ある日

ワークの続きで

LINEでやり取りするようになった方の中で

その方が

莫大に一番の強いトラウマに向き合おうとした瞬間だったんで

これはこの方の人生にとって

持っている病のためにも重大なチャンスだなと想って

電話したんですよ

 

電話ってしないんですけど

それくらい本当に大切だって想って

 

そしたら

 

「いつも電話なんかしないのに、電話がきた。嫉妬されている。」といった主旨の事を他人から言われたんです。

 

 

もう皆目検討がつかない

無実の罪を着せられ

言われたその方も私ではなく、

その方を信じていたし

言い訳とか説明とか自分の気持ちのことだから

もう私は証明しようがないじやないですか

 

まじで愛を込めて

その人のことを想ってやったのに誤解されたっていう…

 

それでびっくりしたってことがありました

 

 

師匠から学んだことは、カウンセラーとして

「怒られる」「嫌われる」っていう踏み絵って登竜門ですよって。

それは相手が変化する本当のきっかけを掴んでいるから

自分が嫌われたとしても

相手のことを想って相手の幸せを心底願っていれば伝わるって

そう師匠や仲間達に教わって

そう信じて

そうしてきたんです

それで一度も愛が伝わらなかったことはなかったし

幸せに変化しない人も1人もいなかったんです

傷つけないことより

その方の魂のほんとうの望みを超えるって

命がけで相手を想ってないと出来ないんです

 

だからそれはすごく勇気がいるんだけど

本気で相手を想うからこそ

愛を持ってやることだったんですね

そんな自分を誇りに想ってたし

それで相手は幸せになってくれるし

自信があったんです

 

 

愛でしたことが

罪として疑われる恐怖って

 

今朝わかったんだけど

 

アセンションしようとするとき

毎回これで失敗してきたなーって想うんです

 

 

キリストとかも処刑されるし

魔女も焼かれるし

 

相手のためを想ってしたことが

世界の平和を願ってしたことが

罪人としてまつりあげられるっていう恐怖

 

 

それをすごく観じて

 

ああ、私のそれを癒すために顕われてくれたんだなーって想ったんです

 

たぶん私が本出すのが怖いのも

みんなの前にでるのが怖いのも

この恐れなんですよね

アセンションのためにと想って処刑されたってやつ

それ記憶ある人凄い多いですよね

(だからほんと相手を通して自分を癒す、人間を通して宇宙の傷を癒してるんだなーってww)

 

 

 

愛が届かなかったとしても

それは相手の問題で

自分自身というのは

何も傷ついていないんだって

 

私の中は傷ついていないって分かって

 

それを教えるために登場してくださったんだなーと。。

 

 

当然ですが

カウンセラーはクライアントに対して

相手を想わないことはないですけど

クライアントにとっては

自分にとって一番辛いところをつつかれるわけですから

カウンセラーを責めたくなるものなんですね

 

それを「転移」とかって言いますけど

 

それでやめてしまうカウンセラーも多いとか聞きますけど

 

この転移というものに

私は惑わされないって確信してたんだけど

 

この時は転移を直接的に聞いたわけではなく

信頼していた方から伺ったので

強烈に自己否定に走ってしまったんですね

 

しかも対面ではなく

LINEというどうも相手の温度を観じないやり取りの中で事が他者を介して進んでしまった

 

 

 

これは本当に失敗したなーと想いますw

 

そのおかげで学べたんですけど

学びにしては強烈でしたww

 

 

たとえ自分の意図ではなくても

LINEであっても

一度関わった方と関わりがあるのだから

観じたということは意味があるんだと想って真摯に対応しようと想ったのですが

 

やはり対面ではないというところで

重大な部分を扱うのは

こちらにもリスクが大きかったなと想います

 

 

だから

見てみぬふりをしてさしあげる

 

そっとしておく

 

 

そういうことも大事なのだと痛感したし

 

 

相手が乗り越えないとしているときは

 

 

そのままそれを信頼すること

 

相手のペースを信頼してあげたらいいんだなって想います

 

 

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓