ニュースで悲惨な事件を見ると私は色々なことを感じ取ってしまうので、見ないようにしていますが、

万が一目に入ったときは

何の為にそれを見たか

そこからメッセージを読み解きます

 

 

その事件を見て想うことを観照します

 

 

 

殺された子供の魂

その親の魂

殺されかけた子の魂

その親の魂

残された子供たちの魂

その親の魂

 

 

それぞれから哀しみを観じて

私の何かに共振共鳴して

私の感情が揺さぶられます

 

 

それらを体験しつくしたら

 

その出来事を

神の視点から見下ろします

 

過去から現在へ読み解くのではなく

未来から読み解きます

 

 

これが愛だとしたら…??

 

 

この事件をきっかけに

関わった全ての人が苦悩するでしょう

そして

やがて

トンネルを抜け

その人は光を見いだします

 

そして

その叡智を人々にシェアすることになります

 

 

残された子供たちは

きっと

その叡智をシェアする勇敢な魂達

 

それを見ている周囲の人々も共に癒されていきます

 

 

こうして

時間をかけて

赦しながら

すべての2元性を脱していくでしょう

 

 

それは事件を楽観していいという意味ではありません

 

ぬるぬるのスピリチュアルに妹尾留衣は興味はありません

 

この生々しい現実の中でこそ

スピリチュアリティを生かすべきだからなのです

 

戦争が終わるのは

戦争を見ないふりをした先にあるのではなく

 

痛みながらも

超えていくことで

その痛みすらも愛であったと目覚めていくことにあります

 

 

世界の

目に映る全ては

あなた

 

わたしはあなた

あなたはわたし

 

 

この強烈な

地球という交響曲を

愛そのものにしていくことを引き受けたライトワーカーと呼ばれる魂達

 

マントラは

こういう時にとても役に立ちます

 

人間の頭ではどうしても愛とは想えないようなことすらも

神の視点から物事を見せてくれるのです

 

般若心経を唱えつづけています

 

事件に関わったすべての魂がやがて癒えていく姿を

イメージしながら

愛に包まれていると

光に包まれていると

 

観じながら…

 

 

共にマントラを唱えよう@浄福寺

 

この日、みんなで祈ろうと想う

祈りのチカラを共に観じよう

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓