昭和

戦後の私たちは

同じであることを求められました

国家が管理しやすいという事情があったからでしょう

それは決して

愛のない人達の仕業だとは私は捉えてなくて

時代として

仕方なく

国民を守るため

緊急事態に備えて

そうせざるを得なかったのでしょう

 

 

私たちは

教育制度の中で

並列に並べられ

敗戦した日本を復興させようと

たくさんの人の愛によって

豊かな未来を信じて

努力が積み重ねられ

高度経済成長を迎えました

 

それも決して欲深い人間の成したことだと

私は捉えていません

 

そこに残った

上昇志向の中で

一部の人々がメディアで更なる豊かさをあおり

いつのまにか

経済優先になってしまいました

 

それは

誰か悪いやつがいたわけじゃないと思うのです

 

だって

人はみんな

みーーんな愛で出来ていますからね

 

弱い人は

います

 

だけど

その人ももともとは愛なのですよね

 

そして

私たちは「豊かさ」という山は登りきり

 

過労死する人が増えて

自殺が増えて

 

物質だけでは幸せは得られない

ということに気付いてきたわけですね

 

 

そうして

人はみんな一緒じゃなくていいんだ

 

みんなちがって

みんないいんだ

 

幸福って

メディアの決めたような何かじゃないんだ

 

それぞれのかたちがあるんだ

 

と分かってきましたね!

 

妹尾のブログに辿り着いている人は

すでにここにはいる方だと想います

 

 

そして!!!

 

これからの時代は

 

 

みんなの違う

それぞれの色に気付いた人々は

次のステージへ向かっています

 

引き寄せの法則の

もっと奥にある

「真実」について

です

 

 

 

すべては自分の投影である

すべては自分の意識が創造している

すべてはひとつにつながっている

 

私たちは眼を通して、色を見ることが出来ていますが

動物によってこの仕組みは異なります

 

光という本質そのものは1色なんです

 

 

見えているものは

様々なことが起きているように見えている

 

みんな違う

みんなそれぞれの世界を体験している

 

 

そして

 

もう少し

 

その先の真実に辿り着いた方は

 

すべてがひとつ

 

ONEである

 

という意識に辿り着きます

 

 

あなたはわたし

わたしはあなただったのだと

 

 

わたし(エゴ、マインド)は消え去り

ただ在るだけの境地へとやってきます

 

 

 

↓新しい時代のためのおとよがはこちら↓

 

6/9 スペシャルなおとよが

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓