愛する人が浮気した!

愛する人が愛してくれない!

愛する人と別れ話を切り出された

本当に愛する相手を手放すとき体が切り裂かれるような想いがしますよね

(って、そんな体験もしたことないかたは、想いっきり人を愛することを許しましょう。人生がもっと美しくなりますよ!)

まず、それほどまでの哀しみを感じられるほどに人を愛せたことに感謝しよう

そんなに大好きだったんだね

そんなに愛してたんだね

そんなに愛せてほんとうに幸せだったね

 

 

人はそう思う前に怒りを感じたりしますよね!

浮気しやがって!

オレを捨てるのか?

 

怒りの矛先は相手に向かいますが

それは真実でしょうか?

浮気する相手が悪いでしょうか??

真実の愛には所有はありませんね

裏切りやがって!

なんであんなに愛してくれたのに、いなくなるの!?

 

 

それは愛ではなく欠乏なんです

どういう欠乏か・・・

 

 

「わたしは愛されてない」

 

もっと言うと

「わたしを愛して!」

 

という叫びなんです

あなたが相手に向けた怒りは

「わたしを愛して!」という自分への叫び

つまり

自分に対して

「わたしを愛して!」と言っているのです

 

 

もっと自分を愛して

ありのままの自分を愛して

あなたは欠けているから愛されているのではないの

あなたはいまこのままで完全なの

あなたが否定している自分、それを許して欲しいの

どうか自分を愛して

そう教えてくれています

 

 

 

あなたがもし大切な人を失ったのだとしたら

その大切な人が「失う」という体験を通して

 

ありのままであなたは最初からずっと愛されているということを教えてくれているんです

 

そして

分離という恐れから目覚めていくのです

 

私たちは誰1人として

独立した存在ではなく

繋がっている

 

みんなでひとつなのだと

 

演じ合い、傷つけ、赦し、愛を拡大しているONEである

 

 

MBIオンラインプログラム

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓