私は

 

誕生日前後になると猛烈に死にたくなります

 

これは胎児記憶によるものです

 

母と父が中絶について相談していたのを聞いていた胎児の私はあちらの世界へ還りたいと想ったんですね

 

産まれるときも

 

産まれてからも

 

あちらに還りたいと

 

随分長く思いながら生きてきました

 

胎児記憶は残ります

 

必ず残ります

 

でも、セッションで消すことが出来ます

 

 

そして、それはギフトになります

 

 

望まれていても望まれていなくても「愛を与える存在」として産まれてくることを選んだんだと私は知ることが出来ました

 

 

そして

 

この心の傷跡のおかげで命がけで真実の愛を知るまでに魂の成長を至らせることができた

 

だから、

 

 

どんな出産でも胎児記憶でも処置できるし

 

それはギフトに出来るから

 

なんでもいいんです

 

どんな胎児記憶でも

 

どんな出産でも

 

問題ないんですが

 

 

でもね

 

 

できれば誕生日に死にたいなんて想わなくて済む子供を産み育てたいじゃないですか

 

 

そのために

 

聖なる出逢いなんですよ!!

 

真実の愛なんですよ!!!

 

 

性を軽くみると見返りも重いです。

 

女性達も男性達も

 

自分の内側を神聖にしていくことで

 

出逢いも聖なるものへと近づく

 

聖なる出逢いからの性なら

 

子供は生まれながらにして光ります

 

内側を神聖にするっていうのは

 

特別なことじゃなくてマインドをなくしてゼロにするっていう

 

とてもシンプルなこと

 

純粋なものに近づけていくっていうこと

 

それをしていくことで

 

出逢いが聖なるものに近づいて

 

聖なる性によって産まれた子供は

 

聖なる人生を

 

宇宙と揺蕩うように生きていくことが出来るようになるから

 

だからこそ

 

真実の愛を伝えることが重要なんですよねーー

 

出産じゃなくて

 

その前の出逢いから

 

その出逢う前の自分の内側から整えていくしかない!

 

 

自殺をなんとかしようとするんでもなく

児童虐待をなんとかしようとするんでもなく

この社会をどうこうしようとするんでもなく

 

ただただ

 

人々の心を真実の愛へと近づけることが

 

世界の人々の灯火になると

 

確信しています

 

 

 

もち、聖なる出逢いから聖なる性から生まれなかった俺たちみたいなやさぐれ人間はアセンションを導くライトワーカーです。

が、子供達の未来にはもっと美しい世界を遺したいから。

わたしは伝えつづけます。

母ちゃんがんばるぜ

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓