ばななさんの本「ちがうことをしないこと」

を読んで

 

泣いたのは

 

「いろいろわかっちゃう人」が

 

ここにもいて

 

それがどれだけ大変か共感してくれてるってこと

 

 

人知れず

 

それぞれ違う場所で活躍してるけど

 

感じてることはみんな同じで

 

 

それで

 

プリミ恥部さんに

 

どうしても逢いたいと想った

 

宇宙お願い!とお願いしたら

 

翌日に逢えることが決まって

 

今日、宇宙マッッサージを受けてきた

 

 

彼に連絡が出来ただけで

 

プリミさんの愛を感じて

 

遠隔で癒してもらったと想う

 

その翌日には

 

どうしてもはかどらなかった仕事が出来た

 

 

プリミさんは凄いと想った

 

 

今日も宇宙マッサージを受ける前に

 

なんとなく素晴らしい穏やかなバイブレーションを感じた

 

 

そのあとは

 

宇宙タイミングで来てくださいってことだったので

 

無にしてたら

 

先頭で宇宙マッサージを受けることができて

 

 

しかも家族全員を連れていくことができた

 

 

これは我が家にとってかなりの奇跡だった

 

 

我が家の男性陣がマッサージを受けている間

 

涙が溢れるような感覚があった

 

そして突然スコールのような雨が降った

 

 

浄化の雨だ

 

 

プリミさんの宇宙マッサージと空はちゃんとリンクしてた

 

 

私のセッションでもクライアントさんの過去世が癒えると

 

 

空が必ず晴れる

 

 

 

 

プリミさんと宇宙のリンクをとても自然に感じた

 

 

そのあと、私が宇宙マッサージを受けた

 

子供がいて

 

なんとなく集中できなかったけど

 

 

でも頭とか首とかを

 

真ん中を通す感じとか

 

 

詰まっているところを

 

 

全体を調和させていくんだけど

 

 

彼のエネルギーは

 

 

純粋な性エネルギーのように感じた

 

 

性というと

sexエネルギーと直結させる人がいるけれど

それじゃない

 

 

純度が増していくと

 

それは

 

無限の愛になっていって

 

 

そういったsexの感覚とは違う

 

純度の高い最もパワフルなエネルギーになる

 

そんな感じだった

 

 

どうしても目の奥の哀しみがとれないのですが

これは自分のものではないような感覚がするんです

 

と言ったら

 

 

排除しようとしないで

相談してあげて

どうしても…

こう…行きがちだけど

愛の方へ

愛の方へ

宇宙タイミングで動いて

 

そのとき

宇宙タイミングを逃さないでと笑っているように見えた

 

 

 

この言葉を保存したくてブログを書きました

 

 

 

プリミさんの宇宙マッサージ受けて感じるのは「天地も切り裂けるんだ」っていう感覚。宇宙ってそういうもの。それくらい神秘。それくらいでかい。

 

その宇宙が「わたし」そのものなんだってこと。

 

プリミさんは愛だった。

 

本当に愛だった。

 

たくさんの痛みも知ってる。知ってて。愛に向かってる。

 

哀しみも引き受けて、泣いて、愛に向かってる。

 

あんなに高次元の意識を持ちながら肉体を持つって覚悟した宇宙人だった。

 

私も大丈夫なんだって想った。

 

 

プリミさんありがとう

 

あの空間に1人で行けるならずっと飲んでますよ

 

それくらいあそこは素敵だった

 

バス停近いし

 

また行こうと。来年の2月かな。

 

行こうっと。

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓