「日本には素晴らしいパーマカルチャーがある(あった)ではないか」彼らは、日本の里山文化のことをいっている。

 

日本でかつて当たり前にあった、人と自然が有機的かつ生産的なつながりを持った空間。村落共同体と自然環境(生物、田畑、森や山、水、空気など)が存在し、人間が周りの環境に働きかけ(食料や建築素材の栽培・採取、薪のエネルギー利用、山林の維持管理など)、その生活から生み出される知恵や技術をベースとした永続可能なコミュニティー文化を作り上げていた。それはまさにパーマカルチャー。もう一度、日本の伝統を見直してみよう。

 

http://www.ultraman.gr.jp/perma/howpermacultre.htm

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓