昨夜感じたのは

 

分離という幻想から起きる

 

不安、哀しみ、というマイナスのバイブレーション

 

それを極限までに感じました

 

分離の感覚が分からない方がいたとしたら

 

大好きな人にふられたりしたり

お母さんがいなくなったりして不安になったりするとき

分離の痛みはうずきます

 

誰もがもっている孤独とかもそれです

 

で、その「分離の痛み」が

 

gu:闇(不安、恐れ)の根源にあります

 

 

それが極限までに開いた昨晩

 

分離を受け入れた途端

 

すべてが愛である宇宙の真実の愛が

 

身体に流れ込んできました

 

すべてが愛である

 

宇宙に

 

分離の痛みも含めて身を委ねたときに

 

痛みは終わり

 

分離という幻想から目覚めたような感覚へと移行しました

 

 

そして

 

朝8:08に「扉がひらいた」と聞こえてきました

 

どこかじゃ!

 

と一瞬思ったのですが

 

どこどこ??なにが開いたん??

 

とよーーく観察してみると

 

愛が溢れてきました

 

 

 

愛すること

 

愛されることを

 

人は恐れることがあります

 

 

 

それは分離という不安があるために

 

傷つきたくない

 

格好悪くなりたくない!

 

と感じるからです

 

 

 

しかし

 

ライオンズゲートが開かれた今

 

溢れる愛に

 

身を委ねて大丈夫

 

 

 

それが

 

真実の愛に導かれる方法である

 

という流れにシフトしたように感じます

 

 

 

陰でも陽でもない

 

信じるでも疑うでもない

 

いるとかいないとかでもない

 

ひとつ

 

ワンネス

 

統合された意識

 

何もしようとしない

 

コントロールしない

 

完全なる明け渡しと深い深い信頼

 

深い深いリラックス

 

その世界に来たなと

 

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓