ツインレイは

 

魂も身体も共有しているため

 

相手が

 

なにを感じているか分かります

 

 

(ハートが開いていない段階では分かりません)

 

 

それは決してロマンチックな事ではなく

 

 

洗いざらいすべてが分かってしまうのです

 

 

その体験があまりに辛くて自殺を考えたという話しは良く聞きます

 

 

 

 

相手が誰かほかの人を愛していれば

 

 

その幸せすらも共有します

 

 

そして

 

それすらも超えて

 

愛している自分に

 

気付いていきます

 

 

 

相手が

 

 

自分に嫌悪感を感じていれば

 

 

それすらも明確に共有し

 

 

 

その度に

 

 

すべてを超える愛へと

 

 

アガベ

 

焼き尽くされる愛へと

 

 

愛が成長していきます

 

 

 

 

信じ抜くといっても

 

容易ではなく

 

そのような体験をしても

 

愛があることに降伏して

 

信じるしか道が残されていないという感覚が近いでしょう

 

 

 

 

魂を共有し

 

相手が自分の中にいる

 

自分が相手の中にいる

 

テレパシーというか

 

この

 

魂を共有する意味は

 

真実の愛へと進化するためなのです

 

 

 

 

 

こうして恋愛という闇

 

嫉妬や独占欲というのを

 

超えさせられるのがツイン体験です

 

 

 

 

 

魂を共有していることを

 

あまりにも明確な体感として

 

知るために

 

サイレント期間があるのです

 

(そばにいたら気付けないですよね)

 

 

 

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓