私は幼い時

気が弱くて

いじめられっこでした

トイレで水かけられたこともあったけな

そんなある日

母親に相談したら

「(いじわるしている子に)優しくしてあげなさい」と言われました

最初は意味が分からなかったけど

友達のお手伝いや宿題を代わってあげたり…

いじわるする子に優しくするようにしました

すると

いじわるする子はどんどん優しくなっていきました

その後も

万引きする子

嫌われている子

いじめられている子

優しく接することで

相手が「優しい本来の姿」変わって行くのを何度も体験していきます

 

 

他者との関係性の中で

嫌だなぁと想う出来事があったとしたら

相手が光そのものであることを

信頼してあげてみてください

 

 

そうすると

相手は本当に変わりはじめます

 

 

相手は

こちらが信頼した「光」に反応して

「光」の人として動きはじめます

 

 

もし相手が嫌な事ばかりしてくる人だったとしたら

それは

相手が嫌な人であることはありません

あなた自身の闇を映して反射している鏡になってくれている人なのです

 

他者との関係性の中で

嫌だなぁと想う出来事があったとしたら

その状況で相手を判断するのではなくて

相手が光そのものであることを

信頼してあげてみてください

 

 

そうすると

相手は本当に変わりはじめます

 

 

相手は

こちらが信頼した「光」に反応して

「光」の人として動きはじめます

 

 

誰かが悪いということは

この世界には

もう

なくて

 

 

自分自身が

相手の光を信頼する

という行為によって

 

 

相手の行動は変化していくのです

 

 

しかし

 

この投影の世界

2元の世界

 

もそろそろ終わりを迎えようとしています

 

1元なる世界

 

ワンネス

 

私たちはひとつ

 

という世界は

 

愛のみの世界です

 

 

それは

 

自身の内側の

 

GU闇

RU光

 

のGU(闇)=不安や恐れが幻想だと気付いて

RU(光)のみが真実だと理解することによって起こります

 

 

今までの地球では

 

GU闇

RU光

 

の両方が必要でした

 

密教ではそれがなければ「死んでしまう」と書いてあります

 

 

GU闇(苦しみ)があることによって

RU光(幸福)の有り難さがわかる

 

そうでなければ学べない

そうでなければ人間は成長できない

 

その世界が終わろうとしているのです

 

 

苦しみがなくても

苦しまなくても

大丈夫な世界です

 

 

それが創造できるのは

皆さんの

内側なのです

 

 

それが創造できるのは

宇宙ではありません

 

 

それが創造できるのは

神様でもありません

 

それが創造できるのは

状況でもありません

 

 

ご自身が

 

いま

 

リアルに体験なさっている

 

人生というものを通して

 

他者との関係性というものを通して

 

内側に現れる

GU闇

RU光

を使って

 

光=真実

闇=幻想(不安、恐れ、怒り)

 

不安、恐れ、怒りが幻想であるということを常に意識していきましょう

 

闇は悪魔なのではなく導き手です

 

闇の反対に必ず光があります

 

そちらにフォーカスするのです

 

それをとにかくとにかく今は繰り返し続けてください

 

地球が次元上昇しようとしています

 

 

愛のみが真実だと

 

愛のみの意識を選択しつづけることで

 

 

1元なる世界へと導かれていくのです

 

大丈夫

すべてはうまくいきます

すべてはうまくいくために

起きています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓