私は数々の病気をカウンセリングで変化を起こしてきました

 

アナフィラキシーのお子さんが食べれなかったものが食べれるようになったり

色々な難病に変化を起こしてきたのは事実です

 

でも

 

そういう投稿を見て

 

「病は気からなんだから、信じ込みを変えて、信じれば、食べれないものも食べれるんじゃないか!」なんて

安易に

今までダメだったものを食べさせても

変化は出ません

 

 

身体症状に変化を出すほどまでの心理的なアプローチは

とても簡単ではありません

 

難しいとは思って欲しくないけれど

 

「病は気からだよね!」みたいな軽い気持で変わるものではなく

 

次元上昇するかのようにその人の魂が二元的な意識から一元的な統合された意識まで引き上がる必要があります

 

それだけでなく

魂の治癒によって身体症状に変化があるのです

 

 

そして何より

 

病気は悪者ではなくギフトです

 

その人が魂に不十分さがある証拠に病気があるのではなくて

 

その人の魂の為に必要なものとして

 

その人の魂がもっとも学びやすい道具として

 

神からのギフトとして病気という表現があります

 

人によっては借金だったり、火事だったり、災害だったり、

 

色々な方法で神は私たちの愛を拡大させてくれています

 

 

リズブルボーの自分を愛してという本にあるように

 

こういう病気があると、こう…etc

 

咳があったら言いたいことが言えていない…etc

 

とか、そういう情報もありますけれども

 

それを不十分さとしてとらえるのではなく

 

無意識からのメッセージとしてギフトとして受け取れると状況は変わっていきます

 

 

出産に関しても同じで

 

オーガズミックバースでは

 

そういった自然出産は素晴らしいものではあるけれど

 

そうでない出産の素晴らしさ、その魂の勇敢さも同時に讃えています

 

それは私もまりこ院長も同じ気持ちで

 

私もまりこ院長も失敗(と思っていた。社会ではそう思われるような体験)が多かったからこそ

 

こういう幸せを求めてもいいんだと人に伝えられるようになったんですね

 

自分自身もオーガズミックバースも、オーガズミックバースとはかけ離れた出産も両方体験し、

その両方をとても誇りに思っています

 

癌であったり

何かしらの病気は

 

心へのアプローチで改善することも可能ですが

 

改善しないという選択もあります

 

添加物や怒り狂って死んだ動物の肉を食べるとバイブレーションが落ちることも体験しているし知っているけれど

 

私は食べたりしています

 

怒りも哀しみも避けるために生きているわけではなく

 

私は全てを体験したくてここに降りたからです

 

 

ワクワクする必要も

幸せになろうとする必要もなく

 

ただここに在るすべてが

 

宇宙という「愛」そのものです

 

 

それは病気も然り

 

ほんとうに全てが愛ですからね♡

 

 

 

はまりすぎてる↑笑

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓