オーガズミックバースの内容自体はまんまる助産院のやっていることでした!

しかもこの映画

10年前に作られたんだって!

 

 

日本に渡ってきたのが2017年!

ひえーーー!!!

 

 

医療後進国とはまさに…

 

 

 

 

WHOは2018年2月に

出産における過剰な医療の介入を減らすようにと勧告しているそうです

 

 

 

 

 

 

 

オーガズミックバースの内容は

古来の人間の野性の力を取り戻そうというメッセージでもあり

まんまる助産院がやってきたこと!

そんな映画の中でも

上映会の最後の主催者の方と監督のメッセージに号泣しました!!

以下、うるおぼえ…

※※※※※※※※※※※※※※※

みんなが正解だって思っている世界で

みんなが知らないことを伝えるのは

とても勇気がいるけど

私がこの映画を撮影するときに

 

病院に撮影の協力をお願いした

その病院の先生は病院のやっていることを誇りに思っているので

是非撮影してくださいといって

承諾してくださった。

 

 

でも完成した映画を見て、2週間連絡がなかった

 

 

2週間後、医師から連絡があったとき

すごくドキドキした

(医療に対する批判のように見える可能性もあるから)

 

 

でも、医師から言われたのは

私は自分の仕事に誇りを持っていたけど

こんなに素晴らしいお産があるとは知らなかったと

知らないことすら

知らなかったと

(もうここで嗚咽ですよ。)

 

 

そして、今ではジョークで

 

オーガズミックバースまではいかないまでも

オーガニックバースくらいにはなったかな?

 

なんてやりとりをするほどになったそう…

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※

たまに見かける

医療批判、薬剤批判

批判からは否定のエネルギーしか産まれない

正しいお産があるわけでもない

失敗したお産があるわけでもない

みんながそれぞれのタイミングで

 

それぞれ

 

最高の体験をしている

 

 

そして

自然療法の良いところと

西洋医学の素晴らしいところを

融合したような

もっと素敵なお産が

きっと出来る!

 

 

何かが正しくて

何かが間違っているなんて戦う時代は終わって

 

 

良いも悪いもないけれど

楽しいことを

もっと楽しもう!

という意識が

素敵な社会のかたちを変えていくんだと思う

 

 

 

 

 

 

 

今回の上映会に参加してくださった皆様

会場を貸してくださったやぼろじさん

そしてスタッフの皆さん

まりこさん

本当に素晴らしい機会をありがとうございました

 

いつも新しすぎる情報が舞い降りてくるので

この地上に伝えていくのは

時にきついこともありますが

今回の上映会で

私自身も大変勇気づけられました

 

10年もすれば

マイナーな映画も

メジャーになるんだなと(笑)

 

応援してくださっている皆様にもこの場をお借りして感謝致します

 

 

妹尾留衣

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓