<決断を迫られるとき、やめた方がいいとき>
 
 
①何かから逃げよう、逃れようと決断するとき
②誰か嫌な人がいて、その人のせいで自分が不幸だからにげたくて決断するとき
③環境や他人のせいだと思っている感情が微塵でもあるとき
 
 
 
 
 
 
 
<決断を迫られるとき、決断した方がいいとき>
 
 
①自分がこうしたい!とワクワクするものはすべてGO
②次が決まっていなくてもGO
③保証されるものがなくてもGO
④不安でもGO
 
 
 
 
 
 
 
自分のワクワクに従って行動していれば
自ずと道は開かれる
 
 
 
私がFlameを立ち上げたときは人々をありのままに導きたいと思って
すぐにHPを立ち上げましたが
なにをするか分かってませんでした
 
 
 
 
セッション技術もなかったし(爆笑)
 
 
 
 
 
とりあえずブログを書いて
 
わけもわからず
 
ヘナアートとかやってました
 
 
 
 
 
とにかく心の動くまま生きただけでした
 
 
 
 
でも、
人々を幸せに導けるという確信だけはありました
 
 
 
 
 
 
それだけで
 
 
 
とにかく行動をしていくうちに
 
いらないものが削ぎ落とされました
 
 
最初から100点という道もなければ
 
正解という道もありません
 
その瞬間その瞬間の
 
自分の「こうしたい!」という思いに
 
子供のように純粋であったとき
 
道は開かれます
 
そこに雨や嵐があったとしても
 
宇宙からのギフトでしかないのだから
 
失敗を恐れて前に進まないよりも
 
前へ進むことの方がよっぽど幸せになれるのではないかと
 
想います
 
心の赴くままに
 
立ち止まることもまた素晴らしく
 
心の赴くままに
 
なにもしないことも
 
また素晴らしく
 
心の赴くままに
 
行動することもまた素晴らしい
 
すべて
 
損得感情なく愛の意識であれば
 
自然と導かれていくのだと
 
想います
 
妹尾留衣

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓