昨日の投稿からご覧ください。

娼婦の歓喜

 

 

 

子供は1人では育てられません

村社会のようにみんなで子育てする社会から(血縁に関わらず)

徐々に子供は血縁の家族が育てるという形に変化していきました

 

家族制度によって

 

女性は男性に経済的に頼らねばならなくなりました

 

縄文時代

女性がみんなで家を守り

男性がみんなで狩りをするというスタイルですから

すべてを平等に分配することが自然と行われるため

すべての遺骨に戦争の傷跡がないと言われています

 

土地という概念が発生した頃から

争いは始まったようです

所有という感覚によって

争いが起こったのでしょうね

 

 

縄文時代の

女性がみんなで家を守り

男性がみんなで狩りをするというスタイルから

 

家族制度という

家族という区切り

血縁という名の「所有」が産まれたのでしょう

ゆえに

男性は家族のために稼ぎ

女性は家族のために家庭を守るようになりました

 

これが縄文時代と大きく違う点です

 

女性がみんなで家を守り

男性がみんなで狩りをするというスタイル

 

男性は家族のために稼ぎ

女性は家族のために家庭を守る

 

同じようで全く違います

 

向いている意識のベクトルをご覧ください

 

前者は

 

ワンネスという一なるものへ

わたちたちはひとつであるという意識

 

後者は

 

所有の意識

 

わたしたちはひとつであるという意識のもとで

男性が狩り(経済)

女性が家を守る(育児)

という世界と

家族制度による

所有の意識のもとで

男性が狩り(経済)

女性が家を守る(育児)

では産み出す結果がちがうのです

 

かの有名な天才カウンセラーエリクソンは

「すべての精神疾患は家族を崩壊させるために生じた正常な反応である」と語っていたそうです

 

 

 

家族を大切にする

それは素晴らしいことです

私はそれを否定しているのではありません

誤解の産まれるような

とても大きな意識の改革をしようとしています

人を悪魔に転じさせる可能性もある

限界ぎりぎりの極みにおける

意識の改革です

ですから丁寧に伝えていこうと想っています

 

 

もう一度言いますね

 

わたしたちはひとつであるという意識のもとで

男性が狩り(経済)

女性が家を守る(育児)

という世界と

家族制度による

所有の意識のもとで

男性が狩り(経済)

女性が家を守る(育児)

では産み出す結果がちがうのです

 

 

 

みんな

全ての人が家族同然である世界と

家族は大切にするけれど…

という世界と

 

 

どちらが平和でしょうか??

 

 

話しは戻しますが

人々は「家族は大切にしなければならない。決してこの家制度からはみ出してはならない。」という一種の強迫観念を持っていたように想います。

 

離婚が増えているのは

そこから魂が解放されようとしているためです

 

実際に

現実的な

現場の中では

それぞれの憎悪劇があるでしょう

 

私は離婚を推進しているわけでもないことを

もう一度念を押したいと想います

 

 

家族を大切にする

それは素晴らしいことです

私はそれを否定しているのではありません

誤解の産まれるような

とても大きな意識の改革をしようとしています

 

 

「家族は大切にしなければならない。決してこの家制度からはみ出してはならない。」という一種の強迫観念から

離婚が増えているのと同様に

 

女性が自立したという歴史もまた

 

ワンネスという意識へと次元上昇しようとした魂達の痕跡なのだと

 

そう感じるのです

 

女性の自立という歴史も

宇宙の完璧なシナリオの一部であるのだと…

 

 

家族制度によって

 

女性は男性に経済的に頼らねばならなくなりました

 

しかし

どんどん女性が自立し

男性に頼らなくても生きていけるようになってきました

 

これは

 

ワンネスという意識へと次元上昇しようとした魂達の痕跡でありますし

 

 

男性に依存しなければ生きていけなかった女性達が

癒されようとした結果でもあると感じるのです

 

娼婦の歓喜

 

 

それはどこへ向かっているかというと

真実の相手との統合

なのではないかと想うのです

 

女性に依存的なエネルギーがある限り

真実の相手との統合はあり得ません

 

たったひとりで自分であれる人のみが

真実の相手と出合う準備が整います

 

霊的なレベルで出合うことのできる男女、霊的にひとつになることができる彼らはたとえ一度きりであろうとこれからの終わりなき生に向かって結ばれたのだと感じる。 セックスエネルギーの変容は死のない世界、哀しみのない世界、喜びしかない世界、純粋な歓びのみがある世界へとその人間を高める。 by .OSHO

 

どんどん女性が自立し

男性に頼らなくても生きていけるようになってきました

 

これは

 

ワンネスという意識へと次元上昇しようとした魂達の痕跡であります

 

しかしながら

 

自分への愛が不十分であるのにも関わらず

自立しようとしても

それはワンネスという意識へ至ることはありません

 

 

どういうことかと申しますと…

 

 

男性に依存的な女性がセクシャリティを全面に出してみてください

 

どのような事が起こりますか??

 

 

では

 

次に

 

真に自立した女性がセクシャリティを全面に出してみてください

 

どのような事が起こりますか??

 

 

 

セクシャリティは隠されるべきものではありません

 

ですが

 

それはとてもメンタリティの高い世界で実現可能なことなのです

 

 

ある女性が

私のテーマはセックスです

 

とおっしゃっていました

 

ですが、その女性自身は精神的に依存傾向にあり

男性や親に対して依存的

そんな彼女がセクシャリティを解放したところで

永遠を感じる真実の相手とのまぐわいなど起こることはありません

 

セクシャリティは隠されるべきものではありません

 

ですが

 

それはとてもメンタリティの高い世界で実現可能なことなのです

(メンタリティの高い世界とは精神修行を鍛錬することを指すのではなく私にとってはいかに純粋で無垢な精神を持つかという意味で使っています)

 

 

ひとつめに

自分への愛が不十分であるのにも関わらず

自立しようとしても

それはワンネスという意識へ至ることはありませんし

ふたつめに

真に自立した人間=ひとりで統合した人間にこそ

霊的な出合いが訪れます

 

密教の根本的な経でありながら

「理趣経は凡人は学ぶべきではない」と言われている

清浄句の一をご紹介させていただきます

 

 

 

理趣経(りしゅきょう) 「十七清浄句(せいじょうく)」

妙適淸淨句是菩薩位 男女交合(こうごう)の妙なる恍惚(こうこつ)は、清浄なる菩薩(ぼさつ)の境地である
慾箭淸淨句是菩薩位 欲望が矢の飛ぶように速く激しく働くのも、清浄なる菩薩の境地である
觸淸淨句是菩薩位 男女の触れ合いも、清浄なる菩薩の境地である
愛縛淸淨句是菩薩位 異性を愛し、かたく抱き合うのも、清浄なる菩薩の境地である
一切自在主淸淨句是菩薩位 男女が抱き合って満足し、すべてに自由、すべての主、天にも登るような心持ちになるのも、清浄なる菩薩の境地である
見淸淨句是菩薩位 欲心(よくしん)を持って異性を見ることも、清浄なる菩薩の境地である
適悅淸淨句是菩薩位 男女交合して、悦(えつ)なる快感(かいかん)を味わうことも、清浄なる菩薩の境地である
愛淸淨句是菩薩位 男女の愛も、清浄なる菩薩の境地である
慢淸淨句是菩薩位 自慢(じまん)する心も、清浄なる菩薩の境地である
莊嚴淸淨句是菩薩位 ものを飾(かざ)って喜ぶのも、清浄なる菩薩の境地である
意滋澤淸淨句是菩薩位 思うにまかせて、心が喜ぶことも、清浄なる菩薩の境地である
光明淸淨句是菩薩位 満(み)ち足りて、心が輝(かがや)くことも、清浄なる菩薩の境地である
身樂淸淨句是菩薩位 身体の楽(らく)も、清浄なる菩薩の境地である
色淸淨句是菩薩位 目の当たりにする色も、清浄なる菩薩の境地である
聲淸淨句是菩薩位 耳にするもの音も、清浄なる菩薩の境地である
香淸淨句是菩薩位 この世の香りも、清浄なる菩薩の境地である
味淸淨句是菩薩位 口にする味も、清浄なる菩薩の境地である

ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/ 理趣経

 

 

 

密教の根本経でありながら

阿弥陀経や般若心経のような

メジャーな経にならずに秘密の経として扱われているため

 

初めて目にした方も多いのではないでしょうか?

 

私はそれを皆様にお伝えしようとしているようです

 

 

今日も長くなってしまいましたが

 

大切なのはここです

 

 

男性に依存的な女性がセクシャリティを全面に出してみてください

 

どのような事が起こりますか??

 

 

では

 

次に

 

真に自立した女性がセクシャリティを全面に出してみてください

 

どのような事が起こりますか??

 

 

では次に

 

愛に満たされていない男性が

依存的な女性のセクシャリティを全面に感じたとき

どのような事が起こりますか??

 

 

では

 

次に

 

真に慈愛の精神に満ちた男性が

自立した女性がセクシャリティを全面に感じたとき

どのような事が起こりますか??

 

 

 

とにかく

方便は難しいです

 

今日もご拝読ありがとうございました

 

妹尾留衣

 

 

ライン登録はこちらから(Blogの更新通知が来ます)

 

 

 

 

↓ブログの更新はこちらから届きます↓
友だち追加  

妹尾留衣 著「TRUE LOVE 女神の暗示文」書籍のご購入はこちらから↓