「覚醒=不思議な霊能力」ではありません


次元上昇して「目覚める」「覚醒」などというと、なんだか突然に別の能力が現れたり、異次元能力が高まることだと思う方もいます。
しかし、それは次元上昇の本質ではありません。

3次元の世界にいながら、5次元の世界を見ていた人たち。
ガンジーもマザー・テレサも親鸞も二宮尊徳も宮沢賢治も、みんな叡知と慈愛に溢れ、ただ、みんなの幸せを願った人でした。

霊能力などなくても、大事な時には知らずに発動して奇跡的なメッセージを受け取っていたりしています。
不思議能力を追い求めても5次元意識に次元上昇するわけではありません。そこに次元上昇の目的をおくことはエゴを強化することであり、むしろ次元上昇とは逆方向に進むことになります。

私たち肉体に魂を宿した人間は「分離」の幻想のもと、意思の疎通のままならぬ存在同士でどう理解し合い、共感し合い、共に根源の光に向かって高めて行けるかの試行錯誤をしているにすぎません。

次元上昇という言葉に「霊能力」みたいなことを連想されたりしたかもしれませんが、わたしのセッションでは、予言みたいなことは一切しません。未来が分かることもありますが、それを伝える意味がないからです。「あたり。はずれ」みたいな占いみたいなことも一切しません。

そもそも、未来はその人自身で自由自在に書き換えられるという前提に立っています。他人に自分の未来を予言させることは、その人自身の力を無力化することになってしまいます。

わたしが何よりも大切にしていること。それは、「今のその人の意識の愛を拡大することで、愛しか体験しない未来が描けること」です。

そして、意識の愛を拡大するためには、その人のありのままをまっすぐ見て、ご自身でも、まっすぐ見てもらうことです。すると生きている世界が本当に変わってしまいます。その人の持っている本来の愛を、本来の大きさへ拡大しただけで、世界は変わります。

わたしは次元上昇カウンセラーです。
生きてる次元を変えているという実感があったので、次元上昇カウンセラーって名乗ることにしました。
がしかし、霊能力なんぞ売りにしておりません。

わたしは、不思議体験を山ほどしました。それは事実だけど売りにしていません。そんな体験せずとも、愛に生きている素晴らしい人を、たくさん知っています。スピリチュアルな言葉や用語を何も知らなくたって、愛に生きている素晴らしい人を、いっぱい知っています。

もちろん、スピリチュアルな世界で、ただ誰にも知られることなく、地球を守っている人のことも知っています。その人達の愛の深さも同じくらい尊敬しています。

どちらも、自分を誇示するために生きていない人達で、純粋な人達です。 わたしはそういう純粋な人が大好きです。

覚醒体験に不思議体験はよくあることですが、覚醒=霊能力のようにひもづけることは、覚醒を妨げてしまいます。愛であること以外に大切なことはないからです。

関連記事:ツインソウルとワンネスの真実〜ツインソウルとは体験〜
関連記事:なぜ今が次元上昇するタイミングなのか
関連記事:次元上昇(アセンション)するために大切なこと

出版記念イベントのお知らせ

「True Love 女神の暗示文」出版を記念して記念イベントを行います。

当日は妹尾留衣の講演を行うほか、クリスタルボウルの倍音により、 宇宙からのメッセージが潜在意識に深く刻まれる構成となっています。また表紙イラストを手がけた志摩飛龍氏の絵画展示も同時開催します。

あなたにお会いできることを、心から楽しみにしています。
ツインソウル体験を通して宇宙は何を伝えているのか〜『True Love 女神の暗示文』出版記念イベント